機械に弱い私が、タイでiPhoneを使えるようになるまで(前編)【タイでSIMフリー携帯を使う】

Pocket

これは、機械音痴の私が、異国の地での通信手段確保のため、悪戦苦闘しつつも、普段使いのiPhoneをタイで使用可能とするまでの過程を、余すところなく再現したものである。

タイでの通信手段を何とかせよ

タイにおいて、連絡手段や情報収集のため、日本と同様に普段使いの携帯・スマホを利用することができたら、どんなに便利であろうか。

しかしながら、そのゴールに向けた過程において、設定が面倒なのではないか、思わぬ高額請求をどうしたら避けられるのか?等の不安を抱く方も多いものと思われる。これからの話は、私の実体験を通じた「タイでiPhoneを使えるまで」をドキュメントするものである。

まず初めに、これまで私がどのようにしてタイで携帯・スマホを利用していたのかを振り返ってみたい。

現地のMBKで最安値の端末を物色する

「現地では、着信に応答するだけでも数百円を課金する。発信については、それより高く課金する。ネット接続については、もっともっと課金する」

という携帯電話会社のアコギな経営方針から逃れるため、私が初めて採った対抗策は、タイ国内で携帯電話を購入するというものであった。

マーブクロンセンター、通称MBKと呼ばれる大型ショッピングセンターがバンコクのサイアムにある。ここのワンフロアいっぱいに、携帯電話とそのグッズを売る店舗がズラーッと並んでいる。

どこもかしこも同じような品ぞろえであるのに、どうして同じような店ばかりを出店させているのか理解に苦しいところではあるが、ここに行けば、正規品から違法改造品のようなものまで、あらゆる携帯電話が入手可能である。

最低価格帯の携帯端末をドラフト1位指名

冷やかしを兼ね、ぐるぐると店内を歩き回って購入したのが、ノキアのプリペイド式携帯電話である。確か、900バーツ(約2,700円)程度で購入した。見たとおり、この端末は最低限の機能しか有してはいない。

この端末を開通させるには、まずコンビニなどでチャージする必要がある。店員に携帯を示して「チャージ、100バーツ」などと申し出る。すると勘の良い店員ならば、自らチャージ作業をササっと行ってくれる。

タイでは、国内通話料金がとても安いので、100バーツもチャージすれば滞在中は十分に使用できた。また、ショートメールも利用できるので、連絡手段として、とても重宝した。

ノキアの端末は日本語非対応。操作性に難あり

もちろん、日本語非対応であるため、メールのやり取りにおける言語は、英語またはタイ語となる。したがって、日本の知人に連絡するときは

「kyou korekara doko  ikou」

などとメッセージを伝えたのであった。ただ、自分が意図しない文字へと勝手に置き換えられてしまうモードが存在する等、端末の操作性が極めて悪く、メール一つ打つのも苦労させられた。

また、日本から何か連絡がある万一の場合に備え、日本の携帯を手放せなかったことから、結局2台の携帯を持ち歩く羽目になり、これはこれで悩みの種であった。

そこで、数年間使用したこのノキアの携帯電話を戦力外通告し、次善の策として、成田や羽田空港にも、いくつものブースがある、モバイルルーターをレンタルすることにしたのであった。

(つづく)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告