【宿泊レポ】タイ・サイアムおすすめホテル【リト バンコク】

Pocket

激安ゲストハウスから超高級ホテルまで、より取り見取りの宿泊施設を擁する国、タイ。ホテルを選ぶ楽しみは、旅の醍醐味の一つでもありますが、予算とにらめっこしながら、どのホテルにしようかと大きく迷ってしまうことも少なくありません。そこで、これまで私が実際に宿泊したホテルを順次レポートいたします。バンコクひとり旅のヒントに、是非お役立てください。

【宿泊レポ】タイ・サイアムおすすめホテル【リト バンコク】

⇒サイアム地区の駅ちかデザインホテル。お洒落なひと時を過ごすのにはもってこいなホテル
 
 
 
 
基本データ

所在エリア :サイアム地区
価格帯   :10,000円前後
ホテルランク:★★★★

宿泊したい度「ランクB 満足

A 最高!また絶対に泊まりたい
B 満足!機会があれば泊まりたい
C 相応。キャンペーン価格なら泊まる
D 不満。やむを得ない場合だけ泊まる
E 最低。2度と泊まらない

スコアと一口メモ(5点満点)

《スコア》
①清潔さ  ★★★★★
②アクセス ★★★★
③設備   ★★★★
④スタッフ ★★★
⑤コスパ  ★★★★

《一口メモ》
①清潔さ:客室内はもとより、ホテルの隅々まで清潔に保たれており、非常に心地よくホテルライフをエンジョイすることができる。

②アクセス:最寄り駅は、BTSナショナルスタジアム駅で、徒歩約5分。同じくBTSラチャテウィー駅も徒歩圏内で約15分。ホテル前のソイは一方通行で、夜道は暗い。スワンナプーム空港からは、エアポートレールリンクのパヤータイ駅へ、ここでBTSに乗り換えてラチャテウィー駅下車。またはラチャテウィーで下車せずサイアムまで行き、ここで終点のナショナルスタジアム行きに乗り換え一駅で到着。

③設備:通常のホテルタイプの本館と、アパートメントタイプの別館がある。私が宿泊したのは別館で、室内には洗濯機と乾燥機があって重宝した。また、バスタブも標準装備されており、足を延ばしてゆったりと入浴することができた。敷地にはプールやサウナ、小さいながらもフィットネスセンターあり。

④スタッフ:フロントの男性スタッフは丁寧な対応であり、問題なかった

⑤コスパ:10,000円前後の価格帯であるが、この手のデザインホテルがお好きな向きには、悪くない選択肢であろう。ただし、もう少し手を伸ばすと、大型外資系ホテルも宿泊可能なレンジとなるため、やはり10,000円がボーダーラインとなろう。

私が実際に泊まってみた感想

そのお洒落な外観に心を惹かれ、以前から泊まってみたいと狙っていた「リト バンコク」。ホテル予約サイトの値引き幅が大きかった時を狙い撃ちして予約した。BTSの駅からも近く、なによりホテル全体がお洒落であり、テンションも上がる。本館プールそばのガーデンテラスも雰囲気が良く、ひとり旅にはもったいないかも。

客室も広く、清潔。バスタブにシャワーブースまであり、快適であった。また、洗濯機と乾燥機もあり、溜まった洗濯物をまとめてやっつけられたのにも助かった。

宿泊こぼれ話

評価が高いホテルであるのだが、実は嫌な思い出もある。女性スタッフが「ハイ、喜んで」とばかりに私とLINEを交換してくれた。そしてその日、食事の約束もしたというのに、

「親が突然、私を迎えに来たの。だから帰らなきゃ」

と2日連続で同じ理由にてドタキャンされたのにはホトホト閉口した。よって、スタッフの★1つ減。

【リト・バンコク】の詳細を agoda で調べてみる

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告