1時間100バーツ。激安のタイマッサージ店を発見。利用方法も解説

Pocket

1時間100バーツ。激安のタイマッサージ店を発見。利用方法も解説

タイと言えば、たくさん名物を挙げることが出来ますが、タイマッサージは外せませんね。タイに行ったら、古式マッサージを体験してみようと楽しみにされている方も多いのでは。かく言う私も、タイに行く度に、何度も通っては旅の疲れを癒すことにしています。そんな中、これまでの最安値記録を更新する1時間100バーツのマッサージ店を発掘いたしました。タイのマッサージ店の利用方法のおさらいを兼ねて、これをご紹介いたします。

タイはマッサージ天国。街中の至る所にマッサージ店あり

日本においても、やれ英国式だの台湾式だの中国式だの、正統派からいかがわしいものまで、駅前繁華街においては各種マッサージ店の看板が目につきます。今日は疲れたからちょっとマッサージでもしてもらいたいな、と思っても、大体が1時間6,000円以上かかってしまいますので、頻繁に利用するには憚られる値段設定です。

ところが、古式マッサージが有名なタイでは、日本における歯科医院のように、街の至る所でマッサージ店を見つけることができます。なおかつ、とても安い料金ですから、気軽にマッサージを受けることも可能です。

では、相場はいくらなの?

次の写真をご覧ください。


これはプロンポンにあるマッサージ店の看板ですが、フットマッサージ、古式マッサージともに1時間250バーツ(750円)となっています。もう1店見てみましょう。

こちらはサイアムスクエアにあるマッサージ店です。フットと古式が同じく1時間250バーツ(750円)ですが、オイルマッサージがお高く設定されています。ただ、オイルマッサージといっても、アロマを使った本格的なものから、コンビニで手に入るベビーオイルみたいなものでお茶を濁す店もあり、この点は、値段と店構えから内容を予測する以外にありません。

バンコクでは、本当にたくさんのマッサージ店がありますので、ちょっと一休みしたいな、という適宜のタイミングでマッサージを受けることが出来ます。私はいつも、「足が疲れた時、気が向いたら入店する」というオンデマンド方式でマッサージを楽しんでいます。フットマッサージならば、どこで受けても同等の値段で同等レベルのマッサージを受けることができます。

価格破壊へ挑戦。ソイを散策していたら、これまで見たこともない激安店を発見した

これまでの経験から、私はスクンビット通りならば、「オンヌット以東まで足を延ばしてようやく相場が下がり、アソークやプロンポンの繁華街にあるマッサージ店が安い訳がない」との先入観を抱いておりました。

ところがある日、ソイカウボーイに通ずるスクンビット通りソイ23を北上していた時のこと、10分ほど歩いたソイの中間あたりで、驚くべき価格破壊の店を見つけたのでした。

それがこの「TONY THAI MASSAGE」です。その料金、なんとフットマッサージ、古式マッサージともに1時間100バーツ(300円)の低料金! 先にみた一般的な相場の6割引きです。これは試してみなければなりません。

ダンピング価格の1時間100バーツ。激安のその訳は・・・

これまで見たこともないダンピング価格で勝負してきた、このトニーマッサージ。ソイの中腹にあるとはいえ、場所はアソークです。激安の価格設定でも利益を上げることができる何らかの理由があるはずです。

緊張しつつ、入店します。するとそこに待機していたマッサージ師の何人もが、オネエ系(注:どのように呼称してよいのか私には分からないため、この表記を使用します)だったのでした。

タイのマッサージ店は、どこの店でもそうなのですが、扉を開けると、すぐにフットマッサージ用のソファがいくつも並んでいて、他のお客さんと同じ空間で施術を受けます。

他方、古式マッサージやオイルマッサージを受けるときには、上階の別室へと向かい、カーテンで仕切られた暗いスペースで施術を受けることになります。

今回はフットマッサージでしたので二人っきりになることはありません。その点は安心できましたが、さすがに男性ですので力が強く、

「痛いッ、イテテテ」

と何度も顔をしかめてしまったのでした。マッサージの腕は「力強い」といったところです。ちなみに、店内には清潔感があるとは言えませんので、潔癖症の方にはお勧めいたしません。「とにかく安さが第一だ」という方にはイチ押しです。

※2019年9月追記

2年ぶりにこのお店を訪れてみたところ、マッサージ師の多くが「超ベテランのおばちゃん」がベンチ入りしておりました。タイでは、同じ店に長く勤める人は稀であり、人の入れ替わりが頻々となされていることがよく分かりました。

100バーツ店の隣には150バーツ店が営業中。さて、50バーツお高い理由とは?

100バーツという激安料金のマッサージ店を知ってしまうと、街中にあるマッサージ店がボッタクリ店に思えてしまいますが、このトニーマッサージの隣にも、1時間150バーツというお店があります。

隣り合って商売していて、一方が100バーツで一方が150バーツなら、安い方へ行くのが消費者心理です。だが、あえて50バーツ上乗せして営業するのには、何か理由があるはずです。このお店ににも入店してみます。

その理由とは、強いて挙げるなら「マッサージ師が女性である」ということでしょうか。ただし、「女性」といっても二十歳そこらの若い施術師ではなく、個性派揃いの初老のおばちゃん達が手ぐすね引いて待機していたのでした。激安のその謎が解けたような気がします。

こちらのお店も清潔感にはこだわりがないようです。安さが一番で細かいことを気にしないタイプの方以外には、やはりおススメできません。

※2019年9月追記

こちらのお店にも2年ぶりに入店してみました。足マッサージ1時間150バーツの料金は変わりありませんでしたが、少し注意が必要です。それは、「がめついマッサージ師がいる」ということです。

完全出来高制が主流であるマッサージ業界ですから、自身の生活をかけた営業活動を仕掛けてくるマッサージ師が散見されるのです。その時は、

 「タイガーバームを使えばもっと気持ちいいわよ、100バーツ追加ね」

 「私が上半身をマッサージしてあげるわ。2レディマッサージはどう?」

等のうざうざしい営業がなされたのでした。低賃金で長時間働く彼女たちには同情の余地もありますが、あまりに「お金が欲しい」という姿勢を出されると興ざめしてしまいます。

ちなみに、この写真のお店は、上記激安店の並びにあるのですが、ご覧のように料金が全然違っています。ただ、料金と満足度が比例するかと言えば必ずしもそうとは言えないのがタイのマッサージ店です。ほとんどハズレがないと言えるのは、地元タイ人が多く利用する次の有名店でしょう。

富裕層のタイ人も多数訪れる「ヘルスランド」ならば、料金と満足度が釣り合っている

そのときの施術師により、当たりハズレの多いタイマッサージですが、それは外国人観光客相手のマッサージ店に多いです。であれば、地元民が通うマッサージ店ならば、安定した満足度が得られるはずです。

そこで私がおススメするのは、バンコク都内に数店舗を構える「ヘルスランド」です。アソークやエカマイなど都内中心部に数店舗が営業中です。

一見すると、とてもマッサージ店には見えない立派な店構えです。駐車場には、高級車が多数停まっていました。店内やマッサージルームにも清潔さと高級さが感じられ、サービスに厳しい目を向ける日本人女性でも満足すること請け合いです。

メニューを見ますと、一瞬「高ッ!」と思いますが、フットマッサージならば1時間400バーツ(1,200円)で受けることができます。これなら十分に納得できるお値段ですね。

初めてのタイのマッサージ。利用方法のおさらい

さて、この辺で、初めてタイのマッサージ店をご利用なさる方のため、以下にその方法をご説明いたします。なお、ここでは、「純粋にマッサージを受けたい」場合をご紹介いたします。「日本人男性が必ず遭遇する葛藤の瞬間」については、個別にお問い合わせください。

ステップ1 「店頭の雰囲気から、その店を判断する」

純粋にタイマッサージを受けたい場合、まず重要なのが店選びです。店先で20代から40代の女性マッサージ師が「アナター、マッサージ」などと呼び込みしているような店は避けましょう。マッサージのレベルが怖ろしく低いです。たとえば、本文でご紹介したソイ23にある激安店は純粋にマッサージを受けるための店ですが、これらの激安店にたどり着く途中にある数店舗は呼び込みが激しく、「なにかある」店だと予感させます。

ステップ2 「受けたいメニューをオーダーする」

大きく分けて、フットマッサージ、古式マッサージ、オイルマッサージのいずれかをチョイスすることになろうかと思いますが、最も手軽なのはフットマッサージです。着替えが必要な古式マッサージ、半裸または全裸になる必要があるオイルマッサージとなるにつれ、手軽さがなくなります。

ステップ3 「施術師の登場。運を天に任せる」

受けるマッサージが決まったら、あなたのお相手となる施術師が登場します。ここでは、そのときの稼働状況により、誰が出てくるのか分かりません。場合によっては、おっさんです。また、女性であったとしても超ベテランが現れることもありますので、運を天に任せ、自分に適した施術師であることを祈りましょう。

ステップ4 「マッサージを受ける」

いよいよマッサージです。時間まで、十分に施術を楽しみましょう。

ステップ5 「お支払い。施術師が無言で通せんぼ」

施術が終わると、温かいお茶を出してくれるお店が多いです。のどを潤したら料金をレジで支払います。このとき、あなたをマッサージした施術師が出口付近で待ち構えていることでしょう。なぜかというと、他でもありません、あなたにチップを払ってもらいたいのです。あなたをタダでは逃がすまいとの気持ちが施術師にそうさせるのです。何気ないふりをして立ち、口にこそ出さずとも、彼女たちの心の中では、

「さぁ日本人、多額のチップを払いなさい。チップ! チップ!」

と強く念じているのです。なので、明らかに手抜きの施術であったならともかく、そうでない場合には、満足度に応じて20から100バーツ(60から300円)程度のチップを渡します。日本で300円のチップなぞ渡そうものなら、バカにすんなと逆切れされてしまうかもしれませんが、タイではそんなことはありません。明治時代の成金にでもなったつもりで、豪快にチップをはずんでみてはいかがでしょう。

こんな活用方法もある。マッサージ店は、絶好の充電スタンドだ!

実は、私がマッサージ店を利用するのは、足が疲れたからだけではありません。スマホを使いながら1日を過ごしていると、バッテリーもみるみるうちに減っていきます。このような事態に備え、人によっては、携帯式充電池を購入された方もあることでしょう。

しかしながら、私はなるべく重い荷物を持ち歩きたくないので、小さく軽い充電コードだけを持参します。バッテリーが減った場合には、あたかもガソリンスタンドで給油するかのようにマッサージ店に立ち寄って、足の疲れとスマホバッテリーのダブル回復を図っているのです。

1時間程度であっても相当のチャージができるので、ホテルに帰るまでに充電切れということもありません。なお、充電させてとお願いして断られたことは1度もありません。どこのお店でも、快く充電させてくれますよ。

以上、タイでのマッサージ店の活用方法などをご紹介いたしました。非常に手ごろな価格でマッサージを楽しめるタイ。旅の疲れを癒すため、ぜひご活用くださいませ。

【2018年9月 追記】 新店舗がオープンしました

本文でも紹介しているマッサージ店のすぐ近くに、これまた激安の健全系タイマッサージ店がオープンしておりました。早速試してみたところ、施術師の腕もなかなか良く、ウトウトと眠気が誘われる気持ちよさでした。店内にいた日本人の男性客数名からも、同じような感想を聞くことができました。

●お店の名前

  Sittara Massage

●お店の場所

  スクンビット・ソイ23(シタディーヌホテル23の向かい)

●施術メニュー

  タイマッサージ  100バーツ/1時間

  足マッサージ   150バーツ/1時間

  オイルマッサージ 250バーツ/1時間

【2019年9月 追記】 日本人経営の店が100バーツ店の隣にあるよ

100バーツでマッサージを受けることのできる Sittara Massage のすぐ横で、非常にチャレンジングなお店が営業していました。「ハピネスマッサージ」というお店です。

一番の売りは「日本人経営のお店」ということでしょう。漢字とカタカナの看板があれば、確かに日本人旅行者には安心感を得ることができます。

が、しかしです。高いのですよ、料金が。タイマッサージなら、通常料金で1時間350バーツとのこと。隣の Sittara Massage の3.5倍です。なるほど清潔感は優っているかもしれない。だけど、マッサージ自体の満足度が3.5倍の価値があるかと言われたら……ウーンと思わざるを得ないです。

「安さよりも安心感を優先する」という日本人旅行者向けのお店かと思います。

激安店が並ぶこのソイ23の中にあって、日本人経営を謳い文句とした高級路線のハピネスマッサージの今後に期待しましょう。

「バンコクでマッサージに行きたい」それならスクート航空が安くてオススメ

日本なら、1時間ウン千円の料金を取られてしまうタイマッサージ。しかしバンコクなら、本文で見たとおり300円程度で施術を受けることができるため、夢の「はしごタイマッサージ」も難なく可能となるでしょう。

本場でタイマッサージを受けてみたい、そんな貴方にオススメするのが「スクート航空」です。下手をすれば、日本でマッサージを受ける料金でバンコクに行けちゃう場合もあるくらいです。

早速、スクート航空のメリットをお伝えいたしましょう。

(1) 圧倒的! 圧倒的安さ

何と言っても、これに尽きる。とにかく安いのである。セールは頻繁に行われていて、安いものなら片道が約6,000円というものもあった。通常価格でも、年末年始やゴールデンウィークでも無い限りは、片道15,000円程度である。これがJALやANAならば、往復で6,7万円はくだらないだろう。他社LCCであるエアアジアなんかと比べても、価格の面で一歩リードしている印象がある。

(2)フライト出発時間が便利

スクートが有難いことは、便利な出発時間帯であることだ。例えば、成田→バンコク便を見てみると、

 ① NRT 10:05発 →  DMK 15:00着

 ② NRT 13:55発 →  DMK 18:25着

※いずれも2019年9月現在

朝8時頃にチェックインする①なら、現地には夕方前に到着するから、当日夜の現地観光が十分可能である。

また②なら、早起きを避けて、ゆっくりと成田空港に向かうことができるし、バンコクに到着する時間もそれほど遅くならないから、丸一日移動で潰れるということもない。

(3)親会社がシンガポール航空で安心。機材も最新鋭のB787が就航

LCCはどこでコストカットしているのかと考えた時、「オンボロの機材を使っているのだろう」と真っ先に思いつくところだが、スクートは違う。

なぜなら親会社が、かの誉れ高きシンガポール航空であるためだ。その潤沢な資本力を活かし、就航している機材にもB787が使用されている。

最新鋭の機材であるから乗り心地も良く、安心してフライトを楽しむことができる。

論より証拠。早速、航空券比較サイトにおいて、ご希望の旅程をチェックしてみてください。

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp

スカイスキャナーの航空券比較

プロンポンの正統派マッサージ店を調査した記事はこちらです。

タイ旅行での外せない楽しみの一つに、タイ古式マッサージがあります。中には、裏メニューが用意されている妖しげなマッサージ店も少なくありませんが...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告