【宿泊レポ】タイ・チットロムおすすめホテル【テンフェイス】

Pocket

激安ゲストハウスから超高級ホテルまで、より取り見取りの宿泊施設を擁する国、タイ。ホテルを選ぶ楽しみは、旅の醍醐味の一つでもありますが、予算とにらめっこしながら、どのホテルにしようかと大きく迷ってしまうことも少なくありません。そこで、これまで私が実際に宿泊したホテルを順次レポートいたします。バンコクひとり旅のヒントに、是非お役立てください。

【宿泊レポ】タイ・チットロムおすすめホテル【テンフェイス】

⇒アクセスの悪さ以外は文句なしのホテル。広さ、快適さ、清潔さ、デザイン性、どれをとっても素晴らしい。バンコクの喧騒から逃れることのできる、住宅地でひっそりと営業する隠れ家的なホテル。

基本データ

所在エリア :ワイヤレス地区
価格帯(泊):7,000円前後から
ホテルランク:★★★★

宿泊したい度「ランクA 最高

A 最高!また絶対に泊まりたい
B 満足!機会があれば泊まりたい
C 相応。キャンペーン価格なら泊まる
D 不満。やむを得ない場合だけ泊まる
E 最低。2度と泊まらない

スコアと一口メモ(5点満点)

《スコア》

①清潔さ  ★★★★★
②アクセス ★★★
③設備   ★★★★
④スタッフ ★★★★
⑤コスパ  ★★★★★

《一口メモ》

①清潔さ:一言、清潔。1人ではとても使い切れないくらいの広い客室であるが、隅々まで清掃が行き届いていた。気持ちよく宿泊することができる。

②アクセス:最寄駅はBTSプルンチット駅下車、徒歩約12分。ノボテルホテルを右手に見ながらソイを南に進んでいき、左手のLyonというフレンチレストランがある角を左に曲がる。あとは道なりにズンズン行き止まりまで進んでいくとホテルに到着できる。

徒歩だと、そこそこの距離である。昼間ならばともかく、住宅街でもあり、夜は人通りも少なくなるので、女性の1人歩きは避けた方が無難だろう。私も深夜に歩いていた時に、背後からバイクがやってきたので警戒度をマックスにして身構えたことがあった。

ただし、このホテルは嬉しいことに、24時間、電話一本でノボテルホテル前までトゥクトゥクで迎えに来てくれるサービスがあるのだ。タイミングによっては少々待たされる場合もあろうが、遠慮せず、積極的に活用して欲しい。

③設備:何より客室が素晴らしい。とにかく広いのである。日本人に嬉しいバスタブも完備されている。さらに、バルコニーも設置されているので、風を感じながらバンコクの街を眺めるのが心地よい。青空の下、貨物列車がのんびりと走っていく姿も見ることができる。プールとフィットネスは申し訳程度だが、一応ある。

④スタッフ:スタッフの応対に問題は見られなかった。

⑤コスパ:朝食なしで6,000円台、朝食付きでも7,000円台であれば、十分にお得である。

私が実際に泊まってみた感想

ソイの奥深くの行き止まりまで進むと、「あっ、ここか⁈」ダークな色調の保護色を身にまとい、ここがホテルとは思えぬような目立たぬたたずまいである。ホテルの入り口も、忍者屋敷のからくり扉のような隠し自動ドアとなっているこだわりよう。

なので、ホテルに入るには合言葉が必要だ、というのは冗談だが、ご覧のとおり、一見してエントランスには見えないデザインとなっている。

ホテルの内部からは、一貫したテーマが感じられるデザインと調度品。それもそのはず、このテンフェイスは、タイの昔話「ラーマキエン」をテーマにしているのだという。

私はこの昔話を良く知らないのであるが、タイ人にとっては、とてもポピュラーな昔話なのだそうで、そこでは10の顔を持つ神だか魔王だかが登場するのだ。そこから取ってテンフェイスと名付けられた、古典文学の世界へといざなってくれるホテルなのである。

フロントも非常に静かで雰囲気があり、博物館にでも訪れたかのようであった。

どうぶつっ子の夢。子供たちも喜びそうです。

デザインもそこかしこで凝っていて、滞在中の気分もよくなる。

しかし、プールは非常に狭く、陽も射さないような日陰にあるので、物足りなさを感じてしまう。

レストランも、とってもお洒落。出された食事も2割増しで美味しく感じることだろう。

にゅっと出てくる首。ウナギか蛇か?あなたの感性によると、どっち?

チェックイン後、スタッフに部屋まで案内してもらったのだが、何しろ部屋が広いのにはとても驚いた。最も狭い部屋でも、約60㎡あるのだ。これまで泊まったホテルの中でもダントツに広かった。スタッフも、

「これだけ広いとパーティーできちゃうね」

とニッコリしていたが、確かにそのとおり、ひとり旅には持て余す広さであった。周りには、マッサージ店もなければコンビニもなく、夜には静まり返るような場所である。バルコニーもあるので、ゆっくり、のんびり、バンコクの滞在を楽しみたい向きには非常におススメのホテルである。

ただ、最大の欠点であるアクセスの悪さがあり、タクシーの運転手にホテルの名を告げても分からないと言われてしまうだろう。したがって、バンコクに土地勘のない方には少しハードルが上がるかもしれない。

とはいえ、24時間のトゥクトゥクサービスがアクセスの悪さを補填しているので、ホテルにピックアップを電話で依頼できる程度の英語力があるなら、やはりおススメのホテルである。

そういえば、このホテルの独特のサービスとして、自分に合った好きな枕を選べる、iPodが使える、アメニティが選べる、というものがあった。オーナーのこだわりであろうか、変わったサービスで、他のホテルと差別化を図っているのだろう。

料金も、朝食なしで6,000円台から宿泊できる場合もあり、これだけ広く綺麗な客室に泊まれるのなら、ぜひリピートしたくなるホテルである。

アゴダなら【テンフェイス】を最安値で予約できます

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告