【宿泊レポ】タイ・エカマイおすすめホテル【シティロフトホテル】

Pocket

激安ゲストハウスから超高級ホテルまで、より取り見取りの宿泊施設を擁する国、タイ。ホテルを選ぶ楽しみは、旅の醍醐味の一つでもありますが、予算とにらめっこしながら、どのホテルにしようかと大きく迷ってしまうことも少なくありません。そこで、バンコクひとり旅のヒントに、これまで私が実際に宿泊したホテルを順次レポートさせていただきます。是非お役立てくださいませ。

【宿泊レポ】タイ・エカマイおすすめホテル【シティロフトホテル】

⇒前回ご紹介したTHEE ホテルの姉妹店。オーナーが同一と思われる。したがって、デザインや機能性まで、何から何まで似通っている。エカマイ駅から少々歩いた場所にあり、バンコクに土地勘が出始めたリピーターの方にはおススメできるホテル。お洒落なクラブが付近に数件ある。ちなみに、「ZEN ROOMS EKKAMAI 6」の正体がこのホテル。

基本データ

所在エリア :スクンビット(エカマイ)地区
価格帯(泊):5,000円前後
ホテルランク:★★★

宿泊したい度「ランクC 相応

A 最高!また絶対に泊まりたい
B 満足!機会があれば泊まりたい
C 相応。キャンペーン価格なら泊まる
D 不満。やむを得ない場合だけ泊まる
E 最低。2度と泊まらない

スコアと一口メモ(5点満点)

《スコア》

①清潔さ  ★★★
②アクセス ★★
③設備   ★★
④スタッフ ★★★
⑤コスパ  ★★★

《一口メモ》

①清潔さ:以前からあった建物をリニューアルして現在のホテルになったものと思われる。値段相応の清潔感は保たれているので、一応安心できる。

②アクセス:最寄駅はBTSエカマイ駅。そこからスクンビット・ソイ63を10数分ほど歩くか、バイタクで数分15バーツかの2択が、主なアクセスとなろう。目印はビッグCである。タクシーまたはバイタク乗車時は、ホテルの名前でなくビッグCと告げよう。目の前がホテルである。

③設備:姉貴分のTHEEホテルと同様、プールはない。ただし、こちらもバーが併設されている。客室には、やはりバスタブはないし、セーフティーボックスもない。THEEホテルと同様のコスト削減策である。したがって、現金やパスポートの貴重品は、フロント奥の金庫ルームに預けることになる。

④スタッフ:まぁ、このクラスのホテルなので、多くを期待してはいけない。1人だけニッコリ笑顔に好感が持てる太目のスタッフがいる。対象者ファイル1において、彼のことをスコアリングしてある。

https://bangkok-around40-hitoritabi.club/hohoemi/

⑤コスパ:バンコクに慣れた人で、3,000円台で泊まれるのであればコスパは高いと思われる。バンコクが初めて等の方ならば、何かと便利なアソーク周辺をおススメする。

私が実際に泊まってみた感想

冒頭で述べたとおり、前回ご紹介したTHEEホテルの姉妹ホテルである。よって、駅にとても近い訳でもなく、宿泊費がとてもお安い訳でもなく、室内や設備がとても快適なわけでもないが、日本人が求める一定の水準を一応クリアしているホテルであるという点までもが酷似している。おそらくデザイナーも同一人物だろう。

エカマイのスクンビット通りソイ63は、なんでもハイソな地元民たちが集うナイトスポットだという。事実、ホテルのすぐそばにはクラブが数件あって、羽振りの良さそうなタイ人の若者やファランたちが、遅くまで夜を楽しんでいる姿がある。

したがって、水商売系のお姉ちゃんでない本格派のタイ人お姉ちゃんを口説いてみたいという猛将には、ベースキャンプとしての役割を果たしてくれるだろう。ここでもまた、THEEホテルとの共通点が見られる。

セーフティーボックスが客室にないこと、部屋のカギが金属カギで使いづらい点も、THEEホテルに全く同じである。

それでは、客室内を詳しく見て見よう。ひとり旅に丁度よいくらいの面積である。

ドリンキングウォーターは、毎日2本補充され、小型冷蔵庫も完備されている。

壁には王様とファランポーン駅が描かれていて、アートな感じがするでしょう。だが、ドアと共に防音性能がとても低く、廊下からの声が丸聞こえなので、他人の声が気になる方にはストレスが溜まってしまう。

私の経験したところでは、もちろん廊下からの話し声が煩くて迷惑千万だったのであるが、それ以上に閉口したのが、朝方に隣室から「男女の秘め事」の声が聞こえてきたことだ。あれにはマイッタ。

そして、就寝時、是非ともお気を付け頂きたいことがある。特に腰痛持ちの方には声を大にして注意喚起させて頂く。このベッド、見かけはキングサイズであるため、寝相の悪い向きにも十分な大きさであり、そうでない向きには大きすぎるようにも思える。

だが、種明かしすれば、それはシングルベッドを単に2つ並べたに過ぎない“偽キングベッド”なのであった。私はこれに気付かず真ん中に枕を置いて就寝したところ、腰に鈍痛を感じて目を覚ましてしまった。

その原因とは、ベッドがくっついて並んでいるに過ぎないので、ちょうど真ん中に境目のくぼみが生ずることになる。そこに背骨が挟まる形になってしまったことから、体が微妙に沈下していたのである。したがって、背骨から腰にかけて異常な負荷がかかったことにより、腰痛が発生したのであった。

以来、私はどちらかの“シングルベッド”で就寝するようにしたのであった。

お次はバスルームについて。

ここにはバスタブはなく、シャワーブースのみとなるのであるが、部屋の個体差があり、当たりハズレが大きい。

と言うのは、私が泊まったこの部屋のシャワーが落第だったのである。すなわち、水圧はまずまずであったのだが、温度調節が叶わないのだ。温度が少し冷たいなと思ってコックをちょびっと動かしただけでも、今度は猛烈な熱湯が時間差攻撃で出てきたりして、非常に苦労した。適温が保たれる15秒ほどがシャワーを浴びるチャンスタイムとなる。

別のある部屋では、天井から水がポタポタと漏れていたので、便器付近が水浸しになってしまい、部屋を変えてもらったこともある。このホテルは、どうやら水回りに問題があるようだ。

さて、以前宿泊した折、このホテルを根城にするネコちゃんがとても可愛かったので、リピートすることを決意していた。このネコちゃんは、バイタクのライダーマンが毎日エサをあげているようであり、人懐っこく、私が声をかけると

「メーオ」

とちゃんと返事をしてくれるのが嬉しい。

さて、リピート宿泊するぞとエクスペディアとアゴダを用いて料金をチェックしていたところ、このホテルと同じような場所、同じような料金設定で

ZEN ROOMS EKKAMAI 6

というホテルを見つけた。なんだろなと地図をチェックすると、同じような場所どころか全く同じ住所であった。

どういうこっちゃ??

どうやらZEN ROOMSという会社は、どこかのホテルの客室を、そのまま自社ブランドとして貸し出す営業手法を用いているのだ。言ってみれば、東横インの一室を借り上げ、アパホテルと名乗って営業するようなものである。次の写真をご覧いただきたい、中央に赤い看板があるのが分かるが、

このホテルには、ZENが提供する客室がございますよ

と小さくアピールしているのである。事情を知らない者には、これだけを見せられても何のことだかサッパリ事情が呑み込めないだろう。

ZEN ROOMSのサイトを見ると、100%のクオリティを保証しますと謳っている。このTHA ロフトホテルの客室とZEN ROOMSが提供する客室の違いは何か?それはズバリ、赤いクッションと赤いポーチが部屋にあるかないかである。赤いクッションは前出の客室画像をご参照いただきたい。鏡の下に見える赤いポーチには、綿棒などのアメニティが入っている。

品質を100パー保証しますとはいっても、特別良い部屋をあてがわれる訳でもなければ、掃除に来るおばちゃんも変わらないので、「THA ロフトホテル」に泊まろうが、「ZEN ROOMS EKKAMAI 6」に泊まろうが、川平慈英とジェイカビラの違いのようなものでしかなく、実体は同じだ。

したがって、後は値段をチェックして、より安い方で予約すればOKである。

【THA シティロフト ホテル】の最安値を agoda でチェック

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告