【宿泊レポ】タイ・スクンビットおすすめホテル【 S31 】

Pocket

激安ゲストハウスから超高級ホテルまで、より取り見取りの宿泊施設を擁する国、タイ。ホテルを選ぶ楽しみは、旅の醍醐味の一つでもありますが、予算とにらめっこしながら、どのホテルにしようかと大きく迷ってしまうことも少なくありません。そこで、バンコクひとり旅のヒントに、これまで私が実際に宿泊したホテルを順次レポートさせていただきます。是非お役立てくださいませ。

【宿泊レポ】タイ・スクンビットおすすめホテル【 S31 】

⇒以前ご紹介したS15 スクンビット ホテルの姉妹ホテル。

https://bangkok-around40-hitoritabi.club/hotel5/

こちらのホテルの方がワンランク上である。独特なデザインをより前面に出し、贅沢さを加えてある。特筆すべきは、大変珍しいメゾネットタイプのデュプレックス・スウィートのお部屋が用意されていることである。

基本データ

所在エリア :スクンビット(プロンポン)地区
価格帯(泊):11,000円前後
ホテルランク:★★★★★

宿泊したい度「ランクB 満足

A 最高!また絶対に泊まりたい
B 満足!機会があれば泊まりたい
C 相応。キャンペーン価格なら泊まる
D 不満。やむを得ない場合だけ泊まる
E 最低。2度と泊まらない

スコアと一口メモ(5点満点)

《スコア》

①清潔さ  ★★★★★
②アクセス ★★★★
③設備   ★★★★★
④スタッフ ★★★
⑤コスパ  ★★★★

《一口メモ》

①清潔さ:最高ランクのホテルであるため、清潔さは全く問題なかった。とても快適に宿泊することができる。

②アクセス:最寄駅はBTSプロンポンまたはアソーク駅下車、徒歩約10分。名前のとおり、ソイ31にあり、この2つの駅の中間くらいに位置しているため、少しアクセスは中途半端でもある。

③設備:妹分のS15ホテルにはなかったプールを完備している。このプールは、器が透明になっている部分もあって、楽しい。客室も、一部を除いてバスタブが標準装備されていて、疲れを癒すことが可能。ベッドも大きく寝心地も良好で、S15では注意しなければならなかったスネを打ち付ける心配もない。

④スタッフ:最高ランクのホテルにしては、スタッフの教育がそれほどしっかりなされてはいない印象を受けた。

⑤コスパ:外資系の5ツ星ホテルに引けを取らないステイが可能であり、なおかつ若干お安いので、予算に余裕があり、外資系に飽きた方には良いホテル。バンコクでも珍しいデュプレックス・スウィートに是非宿泊して頂きたい。

私が実際に泊まってみた感想

日本人の姿が多くみられるプロンポン地区のソイ31入口に所在しており、したがって、日本食レストランや日本の商品を数多く扱うフジスーパーも近くにあり、そういった意味で非常に便利な場所に位置している。また、タイマッサージ屋も、付近にいくらでもある。

1階には、高級感のあるカフェがあるので、気分転換に丁度良いだろう。フロントは、プールのある8階にあり、同じくビジネスセンターもあって、私はネットを使わせてもらった。

系列のS15はシックなテーマでまとめられていたのだが、こちらは芸術家がデザインに参加したとみえ、凡人には理解しづらいモニュメントが設置されている。

客室は、十分な広さ、清潔さ、見晴らしのよさが確保されていて、流石に1泊1万円オーバーするだけのことはある。私は予算の都合で試すことができなかったが、こちらのホテルをご検討の向きは、是非ともデュプレックス・スウィートの宿泊をお考えいただきたい。

2階建てメゾネットタイプの客室であり、1階がリビング、2階がベッドルームになっているという。こればかりは他の外資系ホテルでも用意してはいまい。

プールも趣向を凝らしており、また、高級スパも併設されているので、ひとり旅だけでなく、子供連れやご婦人方にも喜ばれること請け合いのホテルである。

【S31 スクンビット ホテル】の最安値を agoda でチェックしてみる

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告