【宿泊レポ】タイ・プラカノンおすすめホテル【 DS 67 スイーツ 】

Pocket

激安ゲストハウスから超高級ホテルまで、より取り見取りの宿泊施設を擁する国、タイ。ホテルを選ぶ楽しみは、旅の醍醐味の一つでもありますが、予算とにらめっこしながら、どのホテルにしようかと大きく迷ってしまうことも少なくありません。そこで、バンコクひとり旅のヒントに、これまで私が実際に宿泊したホテルを順次レポートさせていただきます。是非お役立てくださいませ。

【宿泊レポ】タイ・プラカノンおすすめホテル【 DS 67 スイーツ 】

⇒ホテル選びは安さを優先し、寝るだけさと割り切ることのできる、バンコクに慣れた方のためのホテル。

基本データ

所在エリア :スクンビット(プラカノン)地区
価格帯(泊):4,000円前後
ホテルランク:★★

宿泊したい度「ランクC 相応

A 最高!また絶対に泊まりたい
B 満足!機会があれば泊まりたい
C 相応。キャンペーン価格なら泊まる
D 不満。やむを得ない場合だけ泊まる
E 最低。2度と泊まらない

スコアと一口メモ(5点満点)

《スコア》

①清潔さ  ★★
②アクセス ★★★★
③設備   ★★
④スタッフ ★★★
⑤コスパ  ★★★

《一口メモ》

①清潔さ:値段相応。清潔さが足りないと感じる方もあるだろうし、これなら十分と感じる方もあろう。値段が値段だけに、余り期待してはならない。

②アクセス:最寄駅はBTSプラカノン駅下車、徒歩約3分。駅の階段を下ったら、そのままスクンビット通りをエカマイ方面にまっすぐ歩くと到着する。ファミリーマートが目印であり、右隣となる。所在が分かりやすくて近いので、アクセスは良い。

③設備:非常に小さなホテルであるので、寝るだけと割り切る必要がある。カフェが併設されているが、これまた非常に小さい。

④スタッフ:イサーン出身の女性スタッフが数名いる。気さくだが、多くを求めてはならない。

⑤コスパ:4,000円をオーバーするのなら、無理して泊まる必要もないとは思う。2,000円台まで下がれば、駅近でもあるし、節約のためには十分ありだとも思われる。

私が実際に泊まってみた感想

駅から徒歩数分、値段も3,000円台ということで宿泊してみた。大通りのスクンビット通りをまっすぐ歩くだけであり、隣がファミリーマートなので、迷うこともなく到着できた。

ただ、辺りは娯楽施設がないので、夜間は寂しい感じがする。近くのホステルにはマッサージ屋が入っているが、23時頃には閉店しているようだ。したがって、夜は本当に寝るだけしか選択肢がない。

客室は、ご覧のとおり狭くて閉塞感がある。ベッドが部屋の大部分を占有している。安いので仕方ないか。ただ、セーフティーボックスも冷蔵庫も備わっている。

シャワーはお湯というよりぬるま湯しか出てこなかった。町のマッサージ屋でもよく見かける小さな電気式の給湯器がついており、この能力つまみをマックスにしてみても、全然熱くならなかった。料金が安いので仕方ないか。

このホテルの良いところは、朝食が付いていることだ。もっとも、朝食とは言っても、それは食パンにコーヒーといった大変質素なものであるのだが、それでも節約派には大変に有難いサービスである。フロント隣のカフェで摂ることができる。

プラカノンという遊びには向かないエリアであるが、バンコクに慣れ、とにかく宿泊費を節約して他に予算を回す方針の方であれば有力候補となろう。

客室は狭く、清潔感も相応だが、駅から徒歩3分と近く、隣にコンビニもあるので、その利点をどう評価するかであろう。

【DS 67 スイーツ】を agoda で調べてみる

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告