【宿泊レポ】タイ・アソークおすすめホテル【Y rooms & spa】

Pocket

激安ゲストハウスから超高級ホテルまで、より取り見取りの宿泊施設を擁する国、タイ。ホテルを選ぶ楽しみは、旅の醍醐味の一つでもありますが、予算とにらめっこしながら、どのホテルにしようかと大きく迷ってしまうことも少なくありません。そこで、これまで私が実際に宿泊したホテルを順次レポートいたします。バンコクひとり旅のヒントに、是非お役立てください。

【宿泊レポ】タイ・アソークおすすめホテル【Y rooms & spa】

⇒アソークにある、謎のホテル。スパがメインで、おまけとして宿泊室があるという感じだろうか。建物内には、スポーツ好きには堪らない、驚きの設備があった。異色中の異色のホテルである。

基本データ

所在エリア :スクンビット地区
価格帯(泊):5,000円前後
ホテルランク:★★

宿泊したい度「ランクC 相応

A 最高!また絶対に泊まりたい
B 満足!機会があれば泊まりたい
C 相応。キャンペーン価格なら泊まる
D 不満。やむを得ない場合だけ泊まる
E 最低。2度と泊まらない

スコアと一口メモ(5点満点)

《スコア》

①清潔さ  ★★
②アクセス ★★★
③設備   ★★★★★
④スタッフ ★★★
⑤コスパ  ★★★

《一口メモ》

①清潔さ:客室ゾーンのドアを開けた瞬間に漂ってくる下水臭が鼻を突く。室内は、最低限の清潔さであり、値段相応と思うべし。

②アクセス:最寄駅はBTSアソーク駅およびMRTスクンビット駅下車、徒歩約10分。アソークの駅を降りたら、大きなアソークの交差点を横断し、ソイ16を進むとコラムバンコクが見える。このサービスアパートメントと渡り廊下で繋がっている建物がそれ。エレベーターでスパの受付まで上がろう。駅からは遠くはないが、若干の距離がある。

③設備:満点をつけたが、これは特別選考バージョンであることをお断りしておく。というのは、スパ好き、スポーツ好き、特にバスケと野球好きには堪らないホテルであるということだ。なんと、バスケットコートにピッチングマシンが備わっているのだ!こんな宿泊施設は他にないだろう。この他、ジムにジャグジーにプール、クライミングまでが可能である。

④スタッフ:可もなく不可もない応対をしてくれた。「どう?スパを試してみない?」と気さくであった。

⑤コスパ:5,000円台以上であれば、回避だ。スポーツ設備狙いで4,000円ならば、予約しても良いだろう。朝食付きのプランはないとは思うが、24時間営業のフードランドが1階にあるので、なくても全く困ることはない。

私が実際に泊まってみた感想

前回のシティポイントホテルに引き続き、またまたアソーク所在のホテルをご紹介する。やっぱりアソークは便利な場所である。

さてこのホテル、これまで見たこともないような設備を備えているのだ。先に述べたように、施設内には、ジムはもちろんのこと、バスケットコートに、果てはタイではマイナーな球技であるはずの、野球のピッチングマシンまでが完備されていて打ち放題なのである。

メジャーリーガーがオーバーホールに訪れた折など、打撃の感触を忘れないようにするためにも一役買ってくれるだろう。ただし、重大な欠陥がある。それは、すべてセルフで行わねばならないことだ。

野球だけじゃない。NBAの選手だってウエルカムである。ここを使う客はまれなので、コートを独り占めすることだって可能だ。思う存分、ドリブルシュートの練習をしよう。

屋外にはジャグジーとプールもある。ボール遊びの後は、ここでクールダウンをすることもでき、合理的である。

ジムにクライミングまであり、徹底的にスポーツをフィーチャリングしているこのホテルだが、では、客室の方はどうであるのか。

申し訳ないことに客室の画像を紛失してしまったのであるが、私が宿泊した「安い方」のタイプの部屋は、はっきり言って狭いし、それにジメっとしていて、快適さを感じることはないだろう。シャワーブースも簡易的に作られた海の家仕様であった。よって、湯量も湯温もイマイチだ。

ここまでご覧になって、殆どの方は「泊まらない」と思われたであろうが、ごく僅かの物好きな方なら興味をお持ちのことと思われる。

だが、残念なお知らせがある。アゴダやエクスペディアのサイトを調べても、このホテルはヒットしないのである。

どうやら、「コラムバンコク」というサービスアパートメントがこのスパホテルの本体である。サイトにスパの情報が載っている。この建物は、あくまでもスパがメインであって、私が泊まった客室は、おまけ程度の裏メニューなのかもしれない。事実、チェックイン、チェックアウト手続きも、コラムバンコクのフロントで行った。

http://www.columnbangkok.com/m/y_room_spa.php

現状では、得られる情報が極めて少ないのである。

「なんだと!じゃあ、お前はどうやってここに泊まったのだ!」

私が泊まった時は、「パラダイスピクニック」という会社のサイトで、ここを見つけたのであった。

この時はキャンペーン価格で、確か1,000バーツほどだったと記憶しているが、今では2,100バーツと大幅に値上がりしていた。これはチト高いと思う。客室は本当に狭くて寝ることだけしかできないので、2,100バーツを出すのなら、他に幾らでも泊まるべきホテルがある。

ホテル1階には、24時間営業のフードランドという食堂が稼働していて非常に便利。私も毎朝利用した。目の前にはセブンイレブンもある。

客室はお世辞にも良いとは言えないが、メインのスパは種類も豊富で本格的だし、何より球技が可能なホテルなぞ、他に見当たらないのではなかろうか。そういった意味では、話のネタとして、ひとり旅で利用してみてみるのも悪くない。

【コラム バンコク】の詳細を agoda で調べてみる

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告