【宿泊レポ】タイ・プロンポンおすすめホテル【ジーバンコク】

Pocket

激安ゲストハウスから超高級ホテルまで、より取り見取りの宿泊施設を擁する国、タイ。ホテルを選ぶ楽しみは、旅の醍醐味の一つでもありますが、予算とにらめっこしながら、どのホテルにしようかと大きく迷ってしまうことも少なくありません。そこで、これまで私が実際に宿泊したホテルを順次レポートいたします。バンコクひとり旅のヒントに、是非お役立てください。

【宿泊レポ】タイ・プロンポンおすすめホテル【ジーバンコク】

⇒数年前にリニューアルされた手頃なホテル。駅からのアクセス、値段の手頃さ、清潔さ、どれをとっても一定の水準に達しているため、困った時のスーパーサブ的な存在のホテル。

基本データ

所在エリア :スクンビット地区
価格帯(泊):6,000円前後
ホテルランク:★★★

宿泊したい度「ランクC 相応

A 最高!また絶対に泊まりたい
B 満足!機会があれば泊まりたい
C 相応。キャンペーン価格なら泊まる
D 不満。やむを得ない場合だけ泊まる
E 最低。2度と泊まらない

スコアと一口メモ(5点満点)

《スコア》

①清潔さ  ★★★
②アクセス ★★★
③設備   ★★★
④スタッフ ★★★
⑤コスパ  ★★★

《一口メモ》

①清潔さ:リニューアルして数年でもあり、概ね清潔で、快適に宿泊することができる。室内の広さも、ひとり旅では十分であろう。

②アクセス:スクンビット・ソイ20を少し進んだ先にある。最寄駅はBTSアソーク駅およびMRTスクンビット駅徒歩約13分。プロンポン駅からも徒歩圏内だが、若干時間がかかる。

③設備:ホテルライフを楽しむホテルではないので、ジムやプールはない。ただし、バーがあるので、ちょいと一杯ひっかけることができる。また、両替屋もあるので便利。客室は、安い方の部屋にはバスタブはないが、スウィートには備わっているようだ。セーフティーボックスがないので、現金やパスポートの貴重品は、フロント奥の金庫ルームに預けることになる。

④スタッフ:対応に問題はなかった。後述する「こぼれ話」を参照されたい。

⑤コスパ:7,000円をオーバーするようなら、他を探そう。6,000円台でもウーンと首をひねり、5,000円台なら候補に入ってくる。全てが一定の水準であるので、困った時のピンチヒッターとしてリザーブしておこう。

私が実際に泊まってみた感想

駅にとても近い訳でもなく、宿泊費がとてもお安い訳でもなく、室内や設備がとても快適なわけでもないが、日本人が求める一定の水準を一応クリアしているホテルである。デザイナーが、落ち着いた感じのホテルに仕上げている。

スクンビット・ソイ20に所在しており、近くには正統派のマッサージ屋に殿方専科のマッサージ屋もたくさんあるので、ホテルを拠点として出動するには機動性がよい。

また、「スクラッチドッグ」というディスコを擁する「ウインザースウィートホテル」が道路を挟んだ目の前にある。このディスコは、水商売の女性が多く集まり、ナンパや逆ナンパが入り乱れるとも聞く。これをお目当てとする戦士たちには、前線基地としての役割を十分に果たしてくれるだろう。

さて、このホテルの欠点であるが、客室内にセーフティーボックスがないこと、カギが面倒臭いことである。

セーフティーボックスがないので、貴重品の盗難紛失が心配な向きは、フロント奥の金庫ルームに預けることになるのであるが、金庫ルームといっても、単に部屋に置くべき簡易金庫が10個くらいあるだけで、全客室分の金庫が用意されてはいない。

全室に簡易金庫を購入すると費用がかさむので、コスト削減のためなのであろう。したがって、空いている金庫を早い者勝ちで占有する方式だ。しかも、この金庫はホームセンターで売っていそうな安っぽさがあり、少し心配させられてしまう。なので、私は入れた時の写真を撮り、お金がいじられた形跡がないかを毎日調べることにした。

次にカギについてであるが、今では余程の安宿でもない限り、客室のカギはカードによる磁気タイプのものがほとんどであろう。ところがこのホテルのカギは、ここでもコスト削減のためであろう、従来のアナログタイプの金属カギであり、しかも、開け方、閉め方、両方が難しいのだ。

すなわち、どちらにどれだけ回せば良いのか単純ではない謎の錠前になっているのだ。ガチャンと音がしたので開いたかな? と思ったら閉まったまま、かかったかな? と思ったら開いたままということがままある。

その他、現在は改善されているのかもしれないが、私が宿泊した時のWi-Fi環境は悪かった。すぐに電波が途切れてしまったのだ。なので、確実に電波を拾うため、フロントで携帯をいじった記憶がある。

宿泊こぼれ話

フロントのスタッフ2人とお茶でもしようということになった。スタッフの1人は、先だって美容整形手術をしたのだという。「もっと美しくなりたい!」洋の東西を問わず、女性が美を求める気持ちに変わりはないようだ。そしてその女性から

「私と同じドクターのところに、日本人の芸能人が来てたわよ」

と私にタレコミがもたらされた。その芸能人とは、日本人なら誰もが知っている30代の大物女性芸能人であった。その芸能人は、顔のある部分を整形手術したのだという。私はテレビを見ないのでビフォーアフターの違いが分からないのだが、日本を避けてまでタイで整形手術をするという念の入れように、「ご苦労さん」とねぎらいの言葉をかけたくなった。

だが、その芸能人が計算外だったことは、タイ人女性には、日本の芸能情報に詳しい者も少なくないということだろう。タイの医療技術は日本と同様の高いレベルに達しているが、日本の芸能情報に強いタイ人も意外に多いのだ。

これからタイで整形手術をお考えの芸能人の方、どうぞお気を付けあそばせ。

【ジーバンコク】を最安値で予約するならagoda でチェック

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告