タイ・オンヌット一人旅おすすめホテル【 ソロエクスプレス】宿泊レポ

Pocket

激安ゲストハウスから超高級ホテルまで、より取り見取りの宿泊施設を擁する国、タイ。ホテルを選ぶ楽しみは、旅の醍醐味の一つでもありますが、予算とにらめっこしながら、どのホテルにしようかと大きく迷ってしまうことも少なくありません。そこで、バンコクひとり旅のヒントに、これまで私が実際に宿泊したホテルを順次レポートさせていただきます。是非お役立てくださいませ。

 

タイ・オンヌット一人旅おすすめホテル【ソロエクスプレス】宿泊レポ

⇒中心部から離れてはいるが、安くて清潔、しかもゆったりした広さもある、バンコクリピーター向けの穴場ホテル。

基本データ

所在エリア :スクンビット(オンヌット)地区
価格帯(泊):3,000円前後
ホテルランク:★★★

宿泊したい度「ランクB 満足

A 最高!また絶対に泊まりたい
B 満足!機会があれば泊まりたい
C 相応。キャンペーン価格なら泊まる
D 不満。やむを得ない場合だけ泊まる
E 最低。2度と泊まらない

スコアと一口メモ(5点満点)

《スコア》

①清潔さ  ★★★★
②アクセス ★★
③設備   ★★
④スタッフ ★★★
⑤コスパ  ★★★★

《一口メモ》

①清潔さ:料金の割に清潔であり、良い意味で期待を裏切られた。日本人でも十分に満足できるレベルにある。

②アクセス:最寄駅はBTSオンヌット駅下車、徒歩約10分。ソイの入口にバイタク乗り場があり、ホテルまでは10バーツと安価なため、歩くよりもこちらをお勧めする。途中にセブンイレブンあり。

③設備:レセプションのある本館と別館の2棟に分かれていて、朝食は別館が会場となっている。プールやフィットネスといったものは当然ない。寝るだけのホテル。

④スタッフ:フロントの女性スタッフは明るいが、ポーター兼トゥクトゥク係の男性スタッフは少し不愛想であった。「これから駅まで送ってくれる?」とお願いしても、「まだ時間じゃない」と融通を効かせてくれないことが多かった。

⑤コスパ:3,000円以下で宿泊できるのなら、コスパは十分に高いと思われる。なお、最低でも、約2,500円で宿泊することのできる方法もあるので後述する。

私が実際に泊まってみた感想

オンヌットという、かつてのスカイトレイン終着駅が最寄り駅である。中心部から若干離れているため、初めてバンコクに訪れた方には不便と言えるし、面白くもない地区と思われるが、節約派のリピーターの方には自信を持っておススメすることができるリーズナブルなホテルである。

極めて清潔、とまでは言えないが、値段以上に清潔感が感じられると共に、部屋も広く、ひとり旅としては十分であった。

セーフティーボックス、冷蔵庫が室内に完備されているが、バスタブはない。なお、水圧と湯温に問題はなかったので、快適にシャワーを浴びることができた。

私が泊まったのは別館であり、空室の関係なのであろうか、なぜかツインルームがあてがわれてしまい、その点は不合理であった。また、窓のすぐ下をドブ川が流れている関係上、どこから侵入してくるのか、部屋に蚊が潜んでいることがある。そのため、私はチェックインしてすぐに蚊取り線香をコンビニで買い求めて、滞在中の蚊の攻撃を回避したのであった。

ホテルの目の前には屋台街があるので、ローカルフードを食べなれた方ならば使い勝手もよいはず。ただし、夜間には野犬が辺りをうろついているので注意して頂きたい。

オンヌットは、駅前にテスコロータスという大型スーパーがあるくらいしか目ぼしいものがないのだが、観光スポットとして、ワットメーナークが近い。宝くじ当選と恋愛成就にご利益があるとのことなので、このホテルに泊まった場合には、ぜひ訪れて頂きたい。

仏教国タイでは、街の至る所にお寺があって、信心深い国民たちが仏様に手を合わせる姿を簡単に見つけることができます。お寺の中にはとっても個性的な...

ホテルの近くには、何軒かのタイマッサージ屋があり、セブンイレブンの丁字路を入ってすぐの店なら深夜まで営業しているので、暇つぶしに利用したい。

さて、このホテルの料金を調べてみると、多くが3,000円前後であり、ローシーズンなら概ね2,000円台で泊まることができる。私がこのホテルを選んだ一番の理由は安くて清潔であったことなのだが、事実、宿泊してみて予想以上に快適であった。そのため、私は延泊をすることにした。

その時、もちろん予約サイトを通じて予約することもできたのであるが、フロントに「延泊したらいくら?」と尋ねてみたところ、

「そうね、800バーツでいいわ」

との回答を得た。何度か延泊をしてみたのだが、いずれも800バーツであったので、ハイシーズンならともかく、通常ならば少なくとも800バーツで泊まれるものと思われる。

したがって、予約サイトの値段が800バーツより安ければそのまま予約し、高ければホテルに直接交渉のうえ予約すると、財布に優しい結果が得られるだろう。

【ソロ エクスプレス スクンビット81】を agoda で調べてみる

バンコク☆人気ホテルランキング!

お得な宿泊料金を検索

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告