タイ・アソークひとり旅おすすめホテル【 ザ・キー】宿泊レポ

Pocket

激安ゲストハウスから超高級ホテルまで、より取り見取りの宿泊施設を擁する国、タイ。ホテルを選ぶ楽しみは、旅の醍醐味の一つでもありますが、予算とにらめっこしながら、どのホテルにしようかと大きく迷ってしまうことも少なくありません。そこで、バンコクひとり旅のヒントに、これまで私が実際に宿泊したホテルを順次レポートさせていただきます。是非お役立てくださいませ。  

タイ・アソークひとり旅おすすめホテル【 ザ・キー】宿泊レポ

⇒アクセス抜群!バンコク屈指の交通の要衝であるアソーク駅から徒歩3分。優雅なホテルライフは不要でも立地を重視する方のためのサービスアパートメント。

 

基本データ

所在エリア :スクンビット(アソーク)地区

価格帯(泊):7,000円前後 ホテルランク:★★★★  

宿泊したい度「ランクC 相応

A 最高!また絶対に泊まりたい

B 満足!機会があれば泊まりたい

C 相応。キャンペーン価格なら泊まる

D 不満。やむを得ない場合だけ泊まる

E 最低。2度と泊まらない  

スコアと一口メモ(5点満点)

《スコア》

①清潔さ  ★★★★

②アクセス ★★★★★

③設備   ★★★

④スタッフ ★★★

⑤コスパ  ★★★

《一口メモ》

①清潔さ:広い室内は、十分に合格点を与えられる清潔さがあった。

②アクセス:最寄駅はBTSアソーク駅下車、徒歩約3分。ウェスティンホテルを左手に見ながらソイ19を歩くこと数分で到着する。入口はソイには面していないので、「THE KEY」の赤い看板が見えたら左に入る。

③設備:猫の額ほどのフロントがあるくらいで、当然にプールもジムもない。ただし、室内は家具付きの豪華なウイークリーマンションのようであり、キッチンもあればバスタブも備わっているので、快適。それに、広々としている。

④スタッフ:滞在中は特筆すべきものは何もなかったのだが、アフターケアが素晴らしかった。と言うのは、忘れ物をしたことを空港で思い出して電話したところ、捨てずに保管してくれた上、なんと日本まで郵送してくれたのだ。これには感激した。

 

⑤コスパ:私が宿泊した当時は、キャンペーン価格だったのであろうか、5,000円ほどで宿泊できていたのだが、最近の価格をチェックしてみると、ほとんどが7,000円以上の料金を提示されることが多い。そうであれば、わざわざここに泊まらなくてもいいかなと感じてしまう。  

私が実際に泊まってみた感想

オープンが2008年だというこのザ・キーに初めて宿泊したのは、確か2009年であった。なによりアソーク駅から近くてアクセス抜群であったのが素晴らしかった。コンビニも近くにもあり、不自由することはなかった。

室内はサービスアパートメントであることから、広く、キッチンやテーブルなどもあって、長期滞在にも対応可能だ。中には自分で調理する方もいらっしゃるのではなかろうか。  

バンコクのホテルでは、余程の高級ホテルでもなければバスタブ付きの部屋は見当たらないのだが、ここでは標準装備のようであり、湯船に浸からなければ疲れを癒せない日本人には嬉しい。

現在はそうではないようだが、当時はレストランがなく、朝食はスタッフが部屋まで運んできてくれた。だが、その内容たるや質素も質素で、おかゆとコーヒーだったように記憶している。

もっとも、すぐ近くにはターミナル21の超優秀なフードコートがあるので、遅めの朝を迎えた場合には、ここに直行するのが良い。  

海外旅行での心配事の1つでもあり楽しみの1つでもある事といえば、食事が挙げられるでしょう。下痢をするのではないか? あるいは、あの料理を食べ...

ホテルの周辺にはマッサージ屋がいくつも営業しているので、滞在中に全店を制覇してみる楽しみもある。ただし、正統派の店といかがわしい店が混在しているので、目的に沿った店選びに気を付けたい。  

1時間100バーツ。激安のタイマッサージ店を発見。利用方法も解説 タイと言えば、たくさん名物を挙げることが出来ますが、タイマッサージは外せ...

宿泊時、私はホテルの目の前のマッサージ店(閉店済み)に入店して足マッサージをお願いしたところ、   「足マッサージはメニューにないのよ。ウフフ、他のを選んでネ」   と誤った店選びをしてしまったようで、慌てて店を飛び出したことがあった。  

とにかく、ロケーションが抜群であることに加えて、周辺にはマッサージ屋を始めとしてあらゆる娯楽が用意されているので、宿泊費をセーブしつつもバスタブのある広い室内を希望される方にはおススメのサービスアパートメントである。

【ザ・キー】を agoda で調べてみる

バンコク☆人気ホテルランキング!

お得な宿泊料金を検索

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告