タイに行ったら、ゾウさんを見に行こう

Pocket

タイの動物といったら、何といっても筆頭に挙げられるのが「ゾウさん」でしょう。たとえば、タイを代表するビールの一つである「ビア・チャーン」のメインキャラクターを務めるのも、もちろんゾウ(チャーン)さんです。ゾウさん大好きな方、この指とーまれ!

「アンタは、いつも口先ばかりの男なのよ! 」

洋の東西を問わず、男と女のいるところ、恋愛があります。

「アタシたちは、ずっとズット、一緒だよ♡ 」

かつて永遠の愛を誓った二人にも、早晩、危機は訪れます。いやァ、無理もない無理もない、ウン。

「なによッ! アンタ、本当に私のこと好きなの? どうなのよッ! 」

と女性に詰問され、困り果ててしまった我が同志たちも多いことでしょう。攻めダルマとなった女性陣に対して、防戦一方の男性陣。嵐が過ぎ去るのをジッと待つその時は、辛く長いものです。

「はい、好きデス」と取り繕ってみたところで、かような上っ面の言葉だけでは、とても信頼を取り戻すことは難しいでしょう、ウン。そんなときは、形で愛情を示さねばなりません。

私の「愛」を形にしたら・・・

タイにおいて、神聖な生き物ものとして敬愛されている、ゾウ。このゾウさんのことが好きで好きでたまらないあるタイ人が、ゾウさんへの愛情を自分らしく形にしてみたら、こうなったとさ。

それではどうぞ。

IMG_0173

な、なんじゃァ~!?

これは合成でもCGでもありません。
道路を埋める渋滞の車列に目もくれず、ノッシ ノッシと今にも動きださんとするゾウ。そうです、ゾウさんへの溢れんばかりの愛情を表現したら、ビルが出来ちゃったという訳なのです。

輝く象牙あり、潤んだ丸い瞳あり。細部にもコダワリを感じさせますね。

これが日本ならば、作ってせいぜい魔法瓶まででしょう。ですが、こちらはなんと巨大ビルまで建設してしまうのですから、まさにアメージングタイランド、スケールが違いますね。いやはや、恐れ入りました。

ゾウさんビルはどこで見れるの? ここで見れます

地下鉄MRTブルーラインのラップラオ駅で下車するのがよいでしょう。近くにはセントラルデパートもあるので、ついでにショッピングも楽しめちゃいます。間近に行く場合には、タクシーの運ちゃんに「チャーン、チャーン」とゾウさんの鼻を真似しつつビルを指差せば、簡単にたどり着けると思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告