タイで偽パイロットのアラブ系詐欺師がまた現れた。被害状況を速報

Pocket

タイで偽パイロットのアラブ系詐欺師がまた現れた。被害状況を速報

本年7月22日付の報告記事で詳細をお伝えしたアラブ系詐欺師について、日本人旅行者が被害に遭ったとの110番通報が当捜査本部に寄せられた。今回は、それら聴取した内容を基に、現在までに判明しているアラブ系詐欺師にかかる情報を整理してお伝えしたい。

バンコクに出没する悪質アラブ系詐欺師の新手口はこれだ! 体験ルポ

ニュース速報 例のアラブ系詐欺師が現れた!

既に報じたとおり、かつての「日本円見せて詐欺」に対する日本人旅行者の警戒が強まったことから、アラブ系詐欺師たちは新たな手口である「パイロットなりすまし詐欺」を開発。バンコクで猛威を振るいつつある。この詐欺の手口は、日本人の親切心に付け込むものであり、また偽造IDカードや偽装写真、さらには偽装SNSまでを用意して我々を騙しにかかっており、悪質性も高い。

特命係長たる本職はあの日以来、独自捜査を進めてきた。だが今回、残念なことに「アラブ系詐欺師に騙されてしまった」という日本人旅行者からの一報が当捜査本部に寄せられたのである。被害者の話によれば、シンガポール航空のパイロットに成りすました手口は同一だが、声掛けの内容が異なっていた。犯行場所と時間に応じた攻撃パターンを用意しているのだろう。

それでは早速、被害状況の詳細をお伝えしよう。

【被害者に聴く】 日本人旅行者の被害状況を供述録取書形式にて報告

当捜査本部に寄せられた情報に基づき、以下、供述録取書形式で報告する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
1 被害者Aさんのケース
供 述 録 取 書

A被害者は、本件被害事件につき、特命係長に対して、任意次のとおり供述した。

 私たちが被害に遭った時間と場所は、2018年9月13日(木)の20時頃、買い物のために訪れた、サイアムにある「サイアム・ディスカバリーセンター」の2階か3階です。

 私の連れが一人でいたところ、件のアラブ系が英語で連れに声をかけてきました。

 その男は、スーツ姿にIDカードの入ったネックストラップを下げ、前回の記事にあったエカマイの事件と同様に、自分はシンガポール航空のパイロットだと名乗り、

 「現在クレジットカードが止められてしまって困っている」

 「ホテルに友人がいるので、そのホテルまでのタクシー代を貸してくれないか」

 「お金は君たちが泊まっているホテルに返しに行く」

 「夜は私と友人と君たちとで、ディナーをしよう」

など深刻な雰囲気で私たちに助けを求めてきたのでした。

 お金を貸してくれと言われたことについて、合流した私と連れとが相談していると、アラブ系は舌打ちをする等して悪態をついていましたので、ますます怪しいと感じました。

 私は怪しいとは思いつつも、貸して欲しいという金額がそれほど高額とはいえない500バーツだったことから、ついに諦め半分で渡してしまったのです。

 

 私はアラブ系に、「返金に来るまでパスポートを預からせてください」と申し向けたのですが、「パスポートもホテルにあるから今は持っていない」とかわされてしまいました。

 アラブ系からは、ラインの交換もしようと持ちかけられたので交換したのですが、何度かメッセージをやり取りすると、とうとう未読無視の状態となってしまいました。

アラブ系は、私たちを信じ込ませるためか、偽アカウントで作ったであろうFacebookも用意していましたし、コックピット内の写真も見せてきました。

 そのときの写真がここにありますので、提出いたします。

このとき本職は、被害者からコックピット偽装写真の提出を受け、これを本調書末尾に添付することにした。

 私は、日本人を狙ったこのような詐欺がなくなって欲しいと願っています。

以上のとおり録取して読み聞かせたところ、誤りのないことを申し立て、署名押印した。

被害者 A 

バンコク都 私設ポリス 特命係長 トラ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2 被害者Bさんのケース

供 述 録 取 書

B被害者は、本件被害事件につき、特命係長に対して、任意次のとおり供述した。

 私は、2018年9月28日(金)、午前10時20分から45分の間に、スワンナプーム空港でお金を騙し取られてしまいましたので、その時の状況をお話しします。

 私が初めにその詐欺師に声を掛けられたのは、3フロアにある、バーガーキング付近のベンチで座っていた時でした。

 その詐欺師のことは、以降「アラブ系」と呼びますが、シンガポール航空パイロットを名乗るアラブ系からIDカードを提示され、次のように声を掛けられたのです。

 「私はかつて日本航空に勤務したことがあり、大阪にも7か月間住んだ」

 「今はシンガポール航空でパイロットをしており、インド系のシンガポール人である」

 「今日は休暇を取ってシンガポールから初めてバンコクに来た。なぜなら、エミレーツ航空の面接を受けるためである」

 「初めてのバンコクに来たのはよいが、デビットカードしか所持しておらず、キャッシュを全く持っていない」

 そこでアラブ系は、バンコク中心部までタクシーはいくらかかるのか、そしてそのタクシー代を貸して欲しいと私に言ってきたのです。

 私は、タクシー代は400バーツくらいだろうと思いましたし、うるさいこのアラブ系に早く立ち去って欲しかったので、その時に1,000バーツを渡しました。

 でも、「1,000バーツでは足りない、1万バーツが必要だ」と言うのです。

 アラブ系はデビットカードを所持していましたので、一緒にカシコン銀行の緑色のATMまで行き、現金を引き出せないか試してみたところ、確かに引き出すことはできませんでしたし、銀行のスタッフにも「できない」と案内されました。

 そこでアラブ系は、「自分の友人からあなたの口座にお金を振り込ませる、それが確認でき次第、お金を貸して欲しい」と言ってきたのです。

 その額は、やはり1万バーツ(約3万6,000円)でした。

 私は、その日の午前11時に約束がありましたし、振込みの確認を待つ時間の余裕などなかったのですが、アラブ系に、「パイロットであるのに現金を持たずに海外に出かけるなんて頭がオカシイ」と言ってやりました。

 するとアラブ系は、「そのとおりだ、自分は馬鹿だ」と自嘲気味に話し、本当に困ったような顔を見せたのでした。

 私はバンコクに到着したばかりであり、また、その日の夜にとんぼ返りで帰国する予定でしたので、現金をあまり持ってはいませんでした。

 私はアラブ系の心底困ったような様子と、友人の振込確認後にお金を貸してくれという話の内容から、アラブ系が人を騙すつもりではないのだと次第に考えるようになってしまいました。

 そこで、私は2フロアにアラブ系と一緒に向かい、5番出口付近にある紫色をしたサイアム・コマーシャル銀行のATMで1万バーツを引き出すと、その場でアラブ系に1万バーツを貸し渡しました。

 私は初めに1,000バーツをアラブ系に渡していますので、合計1万1,000バーツを貸し渡したことになります。

 ところがアラブ系は、「借りたいのは1万バーツだから」と言って、1,000バーツを返してきたのです。

 私は、その行為にアラブ系の悪意のなさを感じてしまったのでした。

 その他、私は事後処理目的でアラブ系とメールアドレスを交換していました。

 当初は、メッセージを送ると返事はすぐに来ましたので、きちんと連絡は取れていました。

 アラブ系はメールで、「10月1日の月曜日に、その日の仕事が終わり次第お金を振り込む」と言ってきました。

 私は、振り込みが完了したら、その証明のため、写真でよいのでメールに添付して送ってくれと返信したところ、それっきり連絡が取れなくなってしまったのです。

 私は、友人の振り込みが確認でき次第にお金を貸してくれと言われたこと、随分と困った様子だったこと、1,000バーツは余分だと返してきたこと等の経緯から、アラブ系の話を信じてしまいました。

 また、デビットカードしか持っていないという話も、最近の中国やシンガポールではキャッシュレスで過ごせる現実を知っていましたので、アラブ系は嘘をついていないとも思ってしまったのでした。

 私は被害に遭ってから気分が悪く、どうにも落ち着きません。

 一日も早くアラブ系が検挙され、日本人被害者がこれ以上増えないことを願っています。

以上のとおり録取して読み聞かせたところ、誤りのないことを申し立て、署名押印した。

被害者 B 

バンコク都 私設ポリス 特命係長 トラ 

アラブ系詐欺師の偽装したインチキ写真を暴く

さて、アラブ系詐欺師が用いる小道具はいくつかあるが、今回、被害者のAさんが任意提出してくれた偽装写真を検証してみよう。コックピット内で撮影されたその写真は、「自分がパイロットである」と相手を信じさせる欺罔手段の一つである。

ところがよく見ると、これがインチキ写真であることを簡単に暴くことができた。それでは、情報提供を受けたインチキ写真をご覧いただきたい。

▲アラブ系が用いている偽装写真。細部を検証すればインチキだと分かる。日本人を食い物にする、見れば見るほど憎々しい男だ

航空機に詳しい人と写真を検証したのだが、一目で偽物、すなわち「フライトシミュレーター」で撮影したものだと断定できた。

※追記

ゲートウェイエカマイにある『フライト・エクスペリエンス』スタッフに当該写真を見せたところ、間違いなくフライトシミュレーターであるとのことであった。ただし、タイ国内のフライトシミュレーターではなく、他国で撮影したものであるとも教えてくれた。

インチキ その1 「景色がフライトシミュレーター用」

コックピットから見えるのは不自然な空港の景色であり、一見して作り物の画像であると分かるのだという。

インチキ その2 「副操縦士のくせに機長席に座っている」

アラブ系詐欺師の着用している制服の肩にご注目。3本線は副操縦士であることを表している(機長は4本線)。操縦席は、向かって左側が機長席、右側に副操縦士が座るのだという。これは、昔からの船舶のしきたりが航空機にも取り入れられた由である。

なるほど搭乗口は必ず飛行機の左側であるが、これは機長が搭乗客の状況を確認できるようにとの趣旨であり、また、飛行機は右側通行であるところ(実際にはありえないのだろうが)、すれ違い時に機長と機長がアイコンタクトを取れるようにするためだとも聞く。

つまり、ペーペーの副操縦士ごときが重責を担う機長席に座るなぞ、10年早いのである。このアラブ系は得意げに機長席に陣取っているが、ホンモノの副操縦士なら、恐れ多くて座れるはずがないのである。

インチキ その3 「景色の映像が途切れている」

アラブ系詐欺師の右腕の裏にある窓を見て頂きたい。背景が消えているのがお分かり頂けるだろうか。本物の飛行機が曇りガラスをコックピットに使用するはずがないのだが、これはフライトシミュレーターの「作り物の窓」であることの証左でもある。側面までディスプレイ化されていないのだ。

▲右肩の後ろの窓に注目。映像が途切れている

インチキ その4 「停機しているのに余計なレーダーが作動中である」

フライトシミュレーターで演習するからこそ、全てのレーダーが点灯している。停機しているのに飛行中に用いるレーダーを作動させる必要はない。そりゃそうだ。

詐欺の手口と出没スポットから、アラブ系が次に現れる場所を推理する

本職がアラブ系詐欺師に遭遇したのが「ゲートウェイ・エカマイ」付近の路上であり、今回被害に遭われた方が「サイアム・ディスカバリーセンター」、そして「スワンナプーム空港」であった。

まず、エカマイとサイアムはBTSで7駅であり、20分もあれば簡単に移動できる。当初、私はエカマイが詐欺働きのフランチャイズかと考えていたのであるが、エカマイはどちらかといえば旅行者よりも駐在員が多く、詐欺には向いていない。そこで、簡単に移動できて日本人観光客も多い、サイアムに詐欺働きの軸足を移したのかもしれない。

また、スワンナプーム空港にも現れたとなると、詐欺師も足が付かないようにと用心しているのだろう。あちこちに行動範囲を広げていて厄介である。そして、ドンムアン空港にはシンガポール航空は就航していないが、スワンナプーム空港には就航している。

つまり、スワンナプーム空港には本物のシンガポール航空パイロットが多数いて、そこらじゅうに監視カメラが備え付けられているというのに、ここで詐欺働きをするなど、アラブ系の犯行は極めて大胆である。いや、アラブ系の思考回路によると、ショッピングモールよりも空港でパイロットを騙って詐欺働きする方が多くの金を騙し取れると考えているのかもしれない。

いずれにしろ、奴は交通費節約のため、空港までの移動にエアポートリンクを利用しているはずだ。となると、エアポートリンクへの乗換駅でもある「BTSパヤータイ駅」または「MRTペッチャブリ駅」を利用していることになる。前者は繁華街であるサイアムに近く、後者はアソークに近い。

サイアムには商業施設がいくつもあるので絞り切れないが、アソーク駅ならば「ターミナル21」だけなので、アラブ系が新たに仕事場所を選ぶとするならば、次はここに現れる可能性が高いと推理する。

しかも、だ。アソーク駅の隣駅であるナナ駅には、アラブ人街がある。したがって、故郷の食事を摂るためにナナのアラブ料理屋を利用する等、ナナ近辺に出没する可能性が高いはずだ。

そして、なぜだか分からないが、ナナからプロンポンに所在する仕立屋の大部分は、アラブ人による経営である。詐欺働き時に着用する「仕事着」であるグレーのスーツ等も、このうちのどこかの店で購入したのではなかろうか。

なお、パイロットの制服までは持っていない様子(コックピット内の偽装写真撮影時は、備え付けの衣装を借りたものと思われる)。単なるスーツと異なり、費用がかさむためであろう。

エカマイ、サイアム、ナナ、そしてスワンナプーム空港へも移動するに便利な場所はアソーク駅である。そして、そこにあるのが「ターミナル21」だ。ここでスーツ姿のアラブ系を見たら、警戒レベルを最大に上げて頂きたい。

求む、目撃情報! 許すな、日本人の親切心に付け込んだ寸借詐欺!

つい先日も、大阪の富田林警察から逃走した男が自転車で日本一周をしているかのように装い、各地の人たちから厚意を受け取っていたことが報じられている。

 

 
逃走犯の言葉に騙されてしまった人たちの心中を察するに余りあるが、ここバンコクにおいても、他人様の親切心に付け込んでお金を騙し取らんとするこのアラブ系が、虎視眈々と日本人を狙って徘徊中である。

 

 
これ以上日本人旅行者が被害に遭わないようにするため、本職は検挙に向けて奮闘中であるが、万一、「被害に遭ってしまった」「アラブ系を目撃した」という方がいらっしゃいましたら、速やかに当捜査本部までご連絡いただきたい。

 

 
なお、タイの警察機関も本職らの働きかけにより、アラブ系逮捕に向けて捜査に着手してくれた模様である。動きがあり次第、再度この場を借りてご報告したい。
 

※続報です。

 

タイ・バンコクで偽パイロット詐欺師を発見したら1155番へ通報を

パイロット詐欺事件の現況報告①「在タイ日本大使館は頼れる存在?」

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. 内山 より:

    詐欺師を今、チットロムのUOB銀行に発見しました。

    • トラ より:

      情報提供をありがとうございます。
      被害には遭われませんでしたか。
      詳しい状況をお尋ねしたいのですが、よろしいでしょうか?

  2. 内山 より:

    お気遣いございます。
    詳しいことは直接やりとりできませんでしょうか?

  3. より:

    2019/02/15夕方6時頃
    伊勢丹バンコク1Fでこの男に20000バーツ
    ATMで引き出して渡してしまいました・・・・
    一日も早く逮捕されて
    これ以上、親切な日本人に被害がでないように願っております!
    この男の写真と名刺、ATM利用控えがありますので
    ぜひ捜査逮捕に協力させてください!、

    • トラ より:

      情報提供をありがとうございます。

      2万バーツもの大金を騙し取られてしまったとのこと、非常に腹立たしい想いをされたのではないでしょうか。是非犯人を逮捕しましょう。

      今後の動きや詳細について、メールさせていただきます。
      宜しくお願い致します。

      • より:

        トラ次郎さま
        騙された私がバカでした・・・・
        だがしかし、このままでは腹の虫も収まりません。
        この男の逮捕しか被害拡大を防ぐ手立てはありませんよね。
        こちらこそどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

        • トラ より:

          人の親切心に付け込んで騙す側に100%の非があると思います。
          それにしても日本人を食い物にし続けるこの詐欺師は許せませんね。
          どうぞ宜しくお願い致します。

  4. より:

    トラ次郎さま
    お世話になっております。

    伊勢丹バンコク・カスタマーサービスに
    下記内容でメールしておきました。
    タイ警察に被害届を出せておりませんので
    トラ次郎さまの捜査だけが頼りです。
    くれぐれもお気を付けください。

    追伸
    トラ次郎さまへ
    下記の画像を送りたいのですが
    どうすれば宜しいですか?
    ご教授お願い致します。

    伊勢丹バンコク・担当者さま

    お忙しいところ恐れ入ります。

    わたくし2019年2月15日夕方5~6時頃に
    貴店1Fでショッピング中に
    アラブ人の男から声をかけられて、詐欺に遭いました。

    言葉巧みに騙されて
    貴店内のATMで、私のクレジットカードを使って
    2万バーツを引き出し、その男に手渡してしまいました。

    2月15日5~6時頃のATM周りの監視カメラの映像は
    くれぐれも削除なされないようにお願いいたします。
    (後日タイ警察から閲覧依頼の可能性がありますので)

    その際の男の顔写真と、男の名刺(ニセモノです)
    ATMの控え写真をつけますので
    またこの男が現れて、日本人ツーリストが同じ被害に遭わないように
    お気を付け願えれば幸いです。

    • トラ より:

      先ほど、

      sa●●●●●b@●●●●●●.ne.jp

      あてにメールを送信してあるのですが、ご確認いただけますでしょうか?
      宜しくお願い致します。

  5. さいとう より:

    つい先日、この男に騙され大金を取られてしまいました。
    旅行が台無しになったのが悲しいです。
    捜査協力させて頂ければ幸いです。
    よろしくお願いします。

    • トラ より:

      お返事が大変遅れてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
      事件の進捗状況など、詳細をお伝えすることも可能です。
      ご協力いただけましたら幸いです。

      どうぞ、宜しくお願い致します。

  6. ゆう より:

    私も17,000バーツ騙し取られました。
    現在メールで連絡を取りながら泳がせていて
    7月にバンコクに行って捕まえようと計画中です。

    • トラ より:

      ご連絡ありがとうございます。
      被害に遭われたとのことで、せっかくのご旅行なのに嫌な思いをされたのではないでしょうか。

      まずは、被害の詳細をお聞かせいただけませんか。

      犯人逮捕のため、どうぞよろしくお願い致します。